坐骨神経痛の方は仰向けで寝てはダメ

坐骨神経痛の方が仰向けになって寝ると、またうつ伏せに寝るとよけい症状が悪くなることがあります。

人間の背骨は腰のあたりでS字にカーブしていて、骨盤は地面に対して前のほうにすこし傾いています。

普通の健康な方なら骨盤は30度ほど傾いていますが、坐骨神経痛の方の場合、骨盤は30度以上傾いてしまっています。

それで寝るときは骨盤が傾かないように注意しなければなりません。

ではどんな姿勢で寝たら良いのでしょうか。

一番いいのは、わき腹を下向きにして寝ることです。

また背中を丸めて膝を曲げて寝るようにしましょう。

もし仰向けで寝る習慣のある人ならば、膝の下に坐布団や抱き枕などを敷くことで、腰の負担を軽くすることができます。

一日のうち3分の1は寝ていますので、坐骨神経痛の方は特に寝る姿勢に気を付けるようにしましょう。

そうすれば、症状がだいぶマシになることでしょう。

現在ではお医者さんの他にも漢方で治療するという方法もあるため、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。
坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛を治したい│漢方薬の健康堂薬局